ポーラスコンクリートの特性のうち、特に「透水性」「保水性」「吸音性」「デザイン性」の4大特性は、都市生活の身近で深刻な問題を解決し、快適な住環境を創ります。

透水性

pix_point01ゲリラ豪雨・大雨の水害対策に、その驚くべき透水性(排水性)

ポーラスコンクリートの透水性(排水性)は、放水車の水が瞬時にしかも継続して消える驚くべき高さです。

近年増加している都市部におけるゲリラ豪雨は、都市生活へ深刻な被害を及ぼしています。特に通常のアスファルトは、ゲリラ豪雨・大雨が起こっても雨水が地中へ浸透せず、家屋や道路の浸水の原因ともなります。環境と深く関わっているゲリラ豪雨・大雨は今後世界規模で増えていくと考えられ、その対策が早急に求められています。

透水性(排水性)の評価には透水係数が用いられています。高い透水性を実現するために、高い空隙率と必要十分な圧縮強度を両立する技術が重要です。

ポーラスコンクリートの驚異の透水性(排水性)が、都市のゲリラ豪雨・大雨の水害を防ぎます。

複層ポーラスコンクリートの透水係数

透水係数と全空隙率の関係

pix_point02透水性(排水性)の評価には透水係数が用いられています。透水係数と全空隙率の調査結果からポーラスコンクリートの透水性(排水性)の高さが実証されています。
空隙率と透水係数は比例関係があることが分かります。空隙率が高ければ透水性が高くなります。
Eクリートでは、空隙率25~30%程度、圧縮強度10~15N/mm2、透水係数1~3cm/s程度の特性を実現しています。

透水係数(JCI)

コンクリート中の水の流れやすさを示すもので、値が大きいほど水が流れやすいことを示します。
pix_point03